傷による痛み|福岡市西区の歯医者|昭和歯科医院

0928076912

ブログ

傷による痛み

2019.04.04

親知らずが頬粘膜とすれて、傷ができ、痛みを生じることがあります。親知らずは生えるスペースがないと下顎では横に倒れたり、埋伏したりします。上顎では埋伏することもありますが、頬側に転位して生えることがしばしばあります。また、これを放置していると咬み合う相手の歯がないため、どんどん延びます。よって、歯冠の尖った部分が、ほっぺの裏側と干渉して、傷ができるのです。この場合、歯冠を削って改善する場合もありますが、ほとんどは抜歯をしないと解決しません。