CASE

カテゴリー:

むし歯治療審美治療歯髄保存治療

咬合面を再構成するセラミックオンレー

咬合面を再構成するセラミックオンレー

Before

After

症例情報

主訴 金属インレー脱離と冷水痛
診断 右下第1大臼歯 歯髄炎を疑う象牙質う蝕
治療法 セラカルLCによる間接覆髄後にイミデイトデンティンシールを行い、間接法のセラミックオンレー
費用 159,000円(税別)
通院回数 3回
備考 当院では比較的少ない間接法によるセラミック修復物です。基本的にほとんどのむし歯治療をダイレクトボンディングで行っています。
しかし、この症例のように咬合面の歯質が大きく欠損していて、力のかかる大臼歯の場合はセラミックオンレーを適応しています。
接着を強固にするためにフレッシュな象牙質と接着させるイミデイト デンティンシール(Immediate Dentin Seal)行っています。

治療説明動画

治療詳細

  • 治療前 頬側
  • 治療前 咬合面
  • 治療前 デンタル
  • アイソレーション

    ラバーダム防湿

  • むし歯除去
  • MTAセメントによる直接覆髄

    Bio MTAを使用

  • Immediate dentin seal

    象牙質をレジンで覆う

  • 接着操作

    ラバーダム防湿を行い接着

  • 治療後 頬側
  • 治療後 咬合面
  • 治療後 デンタル

    機能 審美 長期安定を兼ね添えた治療です。

ページトップへ