CASE

カテゴリー:

ダイレクトボンディングむし歯治療歯髄保存治療

2か所の露髄孔をMTAセメントで直接覆髄したダイレクトボンディング症例

2か所の露髄孔をMTAセメントで直接覆髄したダイレクトボンディング症例

Before

After

症例情報

主訴 舌で触ると穴があいていることを自覚
自発痛、打診痛はなく、たまに冷水痛あり
診断 左上第1小臼歯 歯髄炎を疑う象牙質う蝕
治療法 MTAセメントによる直接覆髄を伴うダイレクトボンディング
費用 99,000円(税別)
通院回数 1回
備考 レントゲンにてむし歯が歯髄に近接していたため、直接覆髄を想定して処置を始めました。
ラバーダム防湿にて、露髄の場合も感染しないよう配慮しました。むし歯を除去後、2か所の露髄孔をBIO MTAセメントにて封鎖し、
ダイレクトボンディングにて修復しました。

治療詳細

  • 治療前
  • 治療前レントゲン
  • ラバーダム防湿
  • 2か所露髄
  • MTAセメントによる直接覆髄
  • 接着修復
  • 治療後
  • 治療後レントゲン
ページトップへ