CASE

カテゴリー:

審美治療精密根管治療

右下の奥歯がたまに腫れる

マイクロスコープによる感染根管治療を行ったが、咬合痛がよくならなかったため、意図的再植により歯根端切除術を行った症例

Before

After

症例情報

主訴 右下の奥歯がたまに腫れる
診断 右下第2大臼歯 慢性根尖性歯周炎
治療法 マイクロスコープを用いた感染根管治療 意図的再植による歯根端切除術、セラミッククラウン
費用 297,000円(税別)(セラミッククラウンを含む)
通院回数 7回 4か月
備考 根充材、逆根充材にはTMR MTAセメントを使用しています。

治療詳細

  • 治療前
  • ラバーダム防湿

    ラバーダム防湿を行い、マイクロスコープを用いた感染根管治療を行いました。
    しかし、違和感が消失せず、レントゲン透過像も縮小しなかったため、意図的再植に移行しました。

  • 意図的再植

    意図的再植に先立ち、モジュールにて歯を抜けやすい状態にした。

  • 意図的再植
  • 再植後2か月
  • セラミッククラウン装着
  • デンタル撮影での比較
  • デンタル撮影での比較 治療後、1年後
  • CT撮影での比較
ページトップへ