CASE

カテゴリー:

ダイレクトボンディングマウスピース型矯正(インビザライン)審美治療

歯ぐきの下がりをどうにかしたい

インビザラインでマウスピース矯正後、結合組織移植(CTG)で歯肉退縮を改善した症例

Before

After

症例情報

主訴 歯ぐきの下がりをどうにかしたい
診断 歯列不正、2次カリエス、多数歯歯肉退縮、審美障害
治療法 マウスピース矯正(インビザライン)、結合組織移植(CTG)、ダイレクトボンディング、デュアルホワイトニング
費用 1,800,000円(税別)
通院回数 2年9か月

治療詳細

  • 治療前
  • 治療前
  • マウスピース矯正(インビザライン)
  • 矯正終了時
  • 結合組織移植前①
  • 結合組織移植後①
  • 結合組織移植前②
  • 結合組織移植後②
  • 治療後
  • 治療後

当院からのコメント

歯ぐきが下がっている原因は骨と歯ぐきが薄いことが原因と診断しました。長期間安定させるには矯正治療で歯根を骨の中央にできるだけ移動させた後、歯ぐきを移植するのが最適と考えました。まだ、治療後3年ですが、歯ぐきの退縮は認められず順調に経過しています。

ページトップへ