CASE

カテゴリー:

インプラント審美治療

奥歯にインプラントを入れたい

Before

After

症例情報

主訴 左下奥歯にインプラント希望
診断 高カリエスリスク、医原性疾患を主原因とした顕在的病的咬合
治療法 全顎矯正、インプラント治療、セラミッククラウンによる補綴治療を含む咬合再構成
費用 4,000,000円
通院回数 2年2か月

治療詳細

  • 初診時の口腔内写真
  • 初診時のレントゲン写真
  • 基本治療

    むし歯治療、歯周病治療、感染根管治療

  • 矯正治療
  • 診断用WAX UP
  • プロビジョナル レストレーション
  • ファイナル レストレーション
  • ファイナル時のレントゲン写真

当院からのコメント

左下第2大臼歯を歯根破折で1か月前に抜歯していました。そこにインプラントを入れたいと近医より紹介でいらっしゃいました。その隣の第1大臼歯にも根尖性歯周炎による瘻孔を認めました。40代で奥歯を失い始めているのは噛み合わせの不正を疑いました。また、多くの神経のない古い冠があり、これらを治療し直す機会に咬合再構成をしたら、将来の歯の健康に大きなメリットになると診断しました。根尖性歯周炎を多数認めたため、マイクロスコープ下による感染根管治療を行いました。矯正治療を行い、アンテリアガイダンスを確立しました。歯ぐきのラインを揃えるために結合組織移植、前歯の審美治療にはダイレクトボンディングを行いました。機能的審美的、そして、長期安定を期待できる結果を得られました。

ページトップへ