CASE

カテゴリー:

審美治療

前歯の色と歯ぐきが黒いのが気になる

Before

After

症例情報

主訴 前歯の審美改善
診断 高カリエスリスク、医原性疾患を主原因とした顕在的病的咬合
治療法 全顎矯正、自家歯牙移植、セラミッククラウンによる補綴治療を含む咬合再構成
費用 2,500,000円
通院回数 3年4か月

治療詳細

  • 初診時 口腔内写真
  • 初診時のレントゲン写真
  • 自家歯牙移植
  • 矯正治療
  • 診断用WAX UP
  • 印象採得
  • ファイナル レストレーション
  • ファイナル デンタル写真

当院からのコメント

20年以上前に治療した前歯2本のかぶせ物の色と歯ぐきの際の黒いラインが気になるとのことでした。コンサルティングを細かくしているうちに以前から右上第2小臼歯が内側に入っているのが気になるから治療したいということになりました。咬合不正を矯正治療で改善し、その際に抜歯予定の歯を右下の欠損部に自家歯牙移植しました。矯正治療後、ホワイトニングを行い全体の歯の色を白くしてから、最終的なセラミッククラウンを作成しました。当時は矯正治療を矯正専門医にしてもらっていました。現在は院長の私が矯正治療からインプラント、審美治療まで行っています。

ページトップへ