CASE

カテゴリー:

インプラント審美治療

部分入れ歯が合わない

Before

After

症例情報

主訴 部分入れ歯が合わない
診断 高カリエスリスク、医原性疾患を主原因とした顕在的病的咬合
治療法 全顎矯正、インプラント治療、セラミッククラウンによる補綴治療を含む咬合再構成
費用 7,200,000円
通院回数 1年2か月

治療詳細

  • 初診時のレントゲン写真
  • インプラント治療
  • 矯正開始 
  • プロビジョナル レストレーション
  • ファイナル レストレーション

当院からのコメント

他歯科医院で1年前に部分入れ歯を作ったが痛くて使えなかったことが主訴でした。入れ歯は受け入れられる人と受け入れ難い人がいます。もちろん、入れ歯の良し悪しもありますが、感受性の違いが大きいと考えています。奥歯はグラグラになっており、予後不良の状態でした。ほぼ前歯しかない状態だったので、第1大臼歯部まで合計9本のインプラント行う計画を立てました。長年、歯がない状態が続いた骨なので、萎縮、吸収が著しく、インプラントを入れる骨に乏しい環境でした。年齢を考えて、侵襲の大きな骨造成は回避し、できるだけ既存骨に短めのインプラントを入れました。また、上顎前歯部にはフレアアウトで空隙を認めたため、矯正治療にて、歯列を改善しました。何でも食べられると喜んでいただけました。

ページトップへ