口腔外科(親知らず)|福岡市西区の歯医者|昭和歯科医院

0928076912

口腔外科(親知らず)

親知らずとは

親知らずとは

「親知らず」この言葉は意外とみなさんと馴染みが深いフレーズです。
歯科医院においてだけではなく、日常でも耳にし、口にしています。
しかし、親知らずのことを誤解している方も少なくありません。私も患者さんから聞く話で「それは親知らずではないな。」とか、「親知らずはそういう意味ではないな。」と感じることがあります。そこで、まず、親知らずとは何のことか、どんな特徴があるのかをお話します。

一般的に言われている「親知らず」とは歯科でいう第3大臼歯のことです。
英語ではwisdom tooth、智歯と言われます。他の普通の歯となんら変わらないれっきとした歯の1本です。それなのに、「親知らず」という特別な名前で呼ばれるにはわけがあります。

親知らずの名前の由来

歯にはそれぞれ生えてくる時期があります。最初に生えてくるのが、下顎乳中切歯で、生後6、7か月ごろになります。
そして、最後に生えてくるのが第3大臼歯で17~20歳、これが親知らずです。ただ、親知らずは元々なかったり、あっても生えてこなかったりする頻度も高いです。名前の由来は生えてくる時期に関係しています。歯の中で生えてくる時期が断トツ遅く、多くの場合、親元を離れてから生え始めることになります。親が歯の生え始めを知らないことから、親知らずという名が付いたとされています。

親知らずの特徴

親知らずは様々な特徴を持った特異的な歯と言えます。その最大の要因は生え方にあります。親知らずがきちんと真っ直ぐ他の歯と同じように生えてくるのは2割以下の確率です。80%以上の場合が生えてこない、もしくは途中までしか生えてきません。なぜ、第3大臼歯はきちんと生えてこないのでしょう?それは歯と顎の大きさのバランスに不調和が生じているからです。現代は硬い食べ物が少なくなり、顎の発達が退化傾向にあります。これからも、益々親知らずが埋伏する割合は増えそうです。この萌出不全が様々な問題を引き起こす原因となります。

親知らずが抱える問題

最大の問題は清掃性の不良です。歯の一部が歯ぐきに埋まっていたり、歯が外側に向いて生えていたりすると、普通の歯みがきでは汚れを取りきれない部位が存在することになります。それが原因で細菌感染が起こり、歯周病やむし歯になり、痛みや腫れ、口臭などの不快症状を呈するのです。
これらの問題を解決するのは容易ではありません。一時的に症状が緩解することもありますが、再発を繰り返すことが多いです。
これらを根本的に治療するには抜歯しかない場合があります。感染源を完全に除去する必要があるのです。そのときに次の難関が待ち構えています。
親知らずは歯ぐきや骨の中に埋まっていることが多いため、簡単には歯を抜くことができず、小手術になります。実はこれが親知らずの最大の問題かもしれません。

親知らずが痛い

親知らずが痛い

「親知らずが痛む」というフレーズ、みなさんも1度はどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

親知らずは痛むものなのでしょうか?
それとも、痛まない人もいるのでしょうか?
なぜ、親知らずは痛むのでしょうか?
親知らずの痛みについてお話しましょう。

親知らずが腫れた

「親知らずが腫れた」は「親知らずが痛む」と並んで多い患者さんからの訴えです。正確には「親知らず周囲の歯ぐきが腫れた」です。
親知らずの腫れの原因は歯周病です。親知らずは萌出不全で歯冠が歯ぐきに埋もれた状態になりやすい歯です。歯と歯ぐきの間に深い歯周ポケットができるため、不潔域が存在することになります。
この歯周ポケットにプラーク(歯垢)がたまると歯ぐきに炎症が起こります。炎症の症状の1つとして腫れ、腫脹を認めることになるのです。親知らずの歯周病を智歯周囲炎、専門用語で「ペリコ」と言います。「ペリコ」はPericoronitis・歯冠周囲炎からきています。

抜かないとダメですか?

抜かないとダメですか?

親知らずは必ず抜かなければならないわけではありません。
親知らずを抜く大きな理由はただ1つ。
有害なことを誘発する状態のときです。
私が抜歯をオススメしている親知らずの状態を5つ紹介します。

抜歯を勧める親知らず5つ

1. 周囲の歯ぐきが腫れている場合
親知らずに伴う最も多い不快症状です。親知らずがきちんと生えないことにより、不潔域ができ、感染が起こります。周囲の歯ぐきが大きく腫れ、 口が開かない、口が閉じないなどの症状が出ます。また、痛みを伴うことも多く、ときにかなり強い疼痛に悩まされます。抗生剤の投与により、痛み、腫れなどの炎症は緩解します。しかし、不潔域が存在する限り、再発のリスクは継続します。根本的に解決するには抜歯するしかない場合が多いのです。
2. 大きなむし歯になっている場合
大きなむし歯になっていても、対合歯があり、しっかり機能している場合は治療の対象になります。ただ、親知らずはかなり奥にあるため、器具が入りにくく、精密な治療が困難になる場合があります。大きなむし歯になるということは、傾斜して、機能していないことが多いため、抜歯の適応となります。
3. 第2大臼歯にむし歯を誘発する場合
親知らずはいずれ抜歯するのであれば、多少むし歯になっても、抜けば同じです。
しかし、第2大臼歯にむし歯ができるのは非常に問題です。
親知らずと第2大臼歯の間に隙間が存在すると、むし歯や歯周病を誘発します。ときに間に食べ物が詰まる症状もあります。
側面からなるむし歯は予後が悪いので、早めに抜歯した方が安心です。
4. 対合歯がなく、機能していない場合
上顎の親知らずでよく当てはまります。下顎の親知らずは埋伏しますが、上顎は転位して萌出します。ただ、噛む機能は果たしていません。
奥歯は噛む機能がないのであれば、歯としての存在意義がありません。この場合、感染を招くだけなので、抜歯を勧めています。
5. 矯正治療に悪影響が出る場合
矯正治療を行う場合、歯をきれいに並べるため、スペースの計算をします。そのとき、第2大臼歯を後方移動させる治療計画があります。
そのときは矯正治療を開始する前に親知らずを抜歯します。また、親知らずが埋伏していると、経年的に歯列を乱します。
昔はキレイな歯並びだったのに、気付いたら、前歯がガタガタになっていたなんてことがよく起こります。
せっかく、時間と費用をかけて、治療した歯列が悪くなるのはもったいないので、早期に親知らずを抜歯するよう勧めています。

抜歯後の世界

抜歯後の世界

親知らずを抜歯する前、抜歯中、抜歯した後、この中で1番大変なのは・・・

私は「抜歯した後」だと考えています。実は抜歯後が1番痛いのが一般的です。親知らずの抜歯が終わり、ほっとしたいところですが、いくつか注意点があります。

抜歯後の症状

抜歯後の注意

1. 麻酔が切れ、感覚がある程度、回復するまで、気をつける。無意識に唇を噛んで、後で痛みが出る場合があるので要注意です。
2. うがいをあまりしない。抜歯した跡に血液が溜まり、固まって、傷が治っていきます。そこの血を吸い出してしまうと創傷治癒が悪くなり、ドライソケットの原因になります。
3. 激しい運動や飲酒は避ける。血圧が上がると創部から後出血する可能性があります。
4. 指示された薬の服用を守る。術後感染を予防するために抗生剤の服用を勧めています。そのとき、痛くないかどうかは関係ありません。
以上を注意し、できるだけ抜歯後の世界を平穏に乗り切りましょう。

歯科用CTの必要性

歯科用CTの必要性

当院では、歯科用CTを導入しており、見えない部分を容易に確認することができるため、 より精度の高い治療を提供することが可能になりました。
コンピュータを駆使したデータ処理と画像の構成で、断層写真を撮影することもできるので、立体的にお口の中の構造、状態を知ることができます。
ご来院いただく患者様のために、より安全で正確な治療を実現することができます。
※CT撮影は1170点です。埋伏歯を抜歯する時は、基本的に撮ります。

歯科用CTのメリット

  • お口の状態、構造を把握

  • 治療のシミレーションが可能

  • 広範囲の撮影ができる

  • 治療時間の大幅な短縮

  • 患者様の負担を軽減

  • 安全で正確な治療が可能

親知らず抜歯の費用

埋伏歯の抜歯費用

親知らずの抜歯は基本的には病名がつき、保険診療でできます。智歯周囲炎、埋伏歯、水平埋伏歯などが病名になります。親知らずを抜歯する場合は抜歯の費用の他に初診、再診の点数、レントゲンの点数、投薬の点数がかかります。埋伏歯を抜歯するにはまず、歯ぐきの切開を行います。歯ぐきを剥がしても、骨にも隠れているため、骨の削合が必要です。歯の分割が必要な場合もあります。これらの処置が必要な場合、埋伏抜歯の点数になります。
以下の合計点数が埋伏抜歯をしたときの費用になります。

  • 初診、再診

    初診234点、再診45点
    いずれか一方の点数が必要です。

  • レントゲン

    パノラマ402点、デンタル58点
    組み合わせて撮影し、診断材料にします。

  • 埋伏歯抜歯

    1,050点 下顎親知らずの場合は+100点

  • 伝達麻酔

    42点+7点
    下顎埋伏抜歯のときに行います。

  • 投薬

    処方42点 調剤9点 薬剤情報10点抗生剤と鎮痛剤の費用がかかります。1点10円となるので、3割負担の場合、合計でおよそ5,000円くらいになります。保険診療なので、どこの歯医者でも同じ費用です。また、この点数は2014年4月に改定された診療報酬です。2年に1度改正があるため、多少の増減があります。

普通歯の抜歯費用

普通に萌出している親知らずは普通の歯の抜歯と同じ普通抜歯の点数を適応します。
以下の合計点数が普通抜歯をしたときの費用になります。

  • 初診、再診

    初診234点、再診45点
    いずれか一方の点数が必要です。

  • レントゲン

    パノラマ402点、デンタル58点
    組み合わせて撮影し、診断材料にします。

  • 普通抜歯

    260点

  • 伝達麻酔

    42点+7点
    浸潤麻酔だけで効きにくいときに行います。

  • 投薬

    処方42点 調剤9点 薬剤情報10点
    抗生剤と鎮痛剤の費用がかかります。

親知らずの移植

起死回生の欠損治療

自家歯牙移植とは自分の歯を歯がないところ(なくなるところ)に移し変える処置です。その場合、移植する歯(ドナー歯)は機能していない歯を利用するのがほとんどです。よって、機能していない親知らずか矯正治療で抜歯となる歯を使うことになります。歯がなくなり、欠損治療が必要となったとき、ちょうど良いドナー歯があれば、自家歯牙移植を行うことで、歯が復活します。まさに起死回生の欠損治療と言えるでしょう。

自家歯牙移植の適応症

自家歯牙移植を行うにはいくつかの条件を満たす必要があります。
基本的にまず、機能していないドナーとなる歯が存在することが必須です。そして、ドナー歯と移植床の大きさがある程度一致する必要があります。

例えば、親知らずをドナー歯とする場合、移植する場所も奥歯になります。移植床には十分なスペースと骨がないと、移植は困難になります。
また、ドナー歯が歯根膜を損傷しないで抜ける環境になければなりません。分割しないと抜けないような歯はドナー歯として適しません。
実際、適応症かどうかは詳しい診査診断が必要です。

自家歯牙移植の流れ

自家歯牙移植の流れ

親知らずにおける自家歯牙移植の流れを説明します。

1.診査診断
全顎的な診査診断を行います。視診、レントゲン、歯周組織検査、計測用模型、ときにはCTを撮ります。予後不良の歯が本当に保存不能か、自家歯牙移植の適応であるか、代わりの治療があるか、などを診断し、カウンセリングします。自家歯牙移植を行うことになれば、2以降に進みます。

2. 自家歯牙移植
第1の関門はドナー歯を歯根膜の損傷なく、抜歯することです。抜歯しにくそうな歯は事前に矯正力をかけて、脱臼しやすくします。抜歯がうまくいかない場合、移植は中止です。違う欠損治療に変更するか、予後不良歯をできるだけ治療するか、治療計画を変更しなければなりません。ドナー歯がキレイに抜けたら、次は予後不良歯の抜歯です。予後不良歯は分割してもいいので、周囲骨が壊れないように配慮します。予後不良歯の抜歯窩にドナー歯が入るように骨形成を行います。このときCTの情報があると、安全に確実に所定の位置まで掘ることができます。

  • 家歯牙移植
  • 家歯牙移植

ドナー歯が移植床(抜歯窩)に適切に入るか試適します。入らなければ、移植床を広げたり、深くしたりして調整します。適正な位置に入ったら、縫合糸とボンドにて固定します。移植した歯が噛み合わせないことを確認したら終了です。1週間後に抜糸します。このころには痛みや腫れも落ち着いています。

  • 家歯牙移植
  • 家歯牙移植

3. 感染根管治療
ドナー歯が根未完成歯の場合は根が完成するまで、経過を観察します。根未完成歯では歯髄が壊死するので、感染根管治療をする必要があります。動揺が落ち着く2,3週間後に開始します。基本的に感染はほとんどないので、素早く根管充填まで行います。

4. 支台築造、最終補綴治療 
普通の失活歯と同じように支台築造を行い、仮歯を作ります。歯質が少ないときはファイバーコアを適応することもあります。機能させて問題ないかを仮歯でチェックします。仮歯で経過が良好であれば、印象採得に入ります。最終補綴物を装着したら、治療は終わります。レントゲンで骨の状態や補綴物の適合を確認します。移植した歯は内部吸収や外部吸収のリスクがあります。定期検診にて、チェックする必要があります。

  • 家歯牙移植
  • 家歯牙移植