CASE

カテゴリー:

インプラント審美治療

前歯のブリッジが欠けた

Before

After

症例情報

主訴 前歯のブリッジが欠けた
診断 高カリエスリスク、多数歯欠損を伴う顕在的病的咬合
治療法 全顎矯正、インプラント治療、セラミッククラウンによる補綴治療を含む咬合再構成
費用 4,500,000円
通院回数 3年5か月

治療詳細

  • 初診時の口腔内写真
  • 初診時のレントゲン写真
  • 基本治療終了
  • 1次オペ+Socket lift+GBR
  • 矯正治療
  • プロビジョナル レストレーション
  • ファイナル レストレーション
  • ファイナル時のデンタル写真

当院からのコメント

若いころからむし歯が多く歯科治療をよく受けられている患者でした。20年前に全体的に治療をしたとのことでした。しかし、むし歯が次々できる波は止まらず、やがて歯を抜かなければならない部位もでてきていました。このような状況になった原因は2つ。1つは噛み合わせの不正から奥歯に過剰な力がかかったこと。もう1つは奥歯を失ったにもかかわらず、そのまま放置したため、他の歯に負担がかかり、さらに悪化が進行したことです。歯の欠損部にはインプラント、噛み合わせの改善には矯正治療を行いました。元々、神経のないかぶせ物の歯は感染根管治療からしっかり行いセラミック治療で機能的に審美的に優れたものに仕上げました。長期安定のために継続的なメインテナンスを行っています。 

ページトップへ