CASE

カテゴリー:

インプラント審美治療

前歯のブリッジが欠けた

Before

After

症例情報

主訴 前歯のブリッジが欠けた
診断 高カリエスリスク、医原性疾患を主原因とした顕在的病的咬合
治療法 全顎矯正、インプラント治療、セラミッククラウンによる補綴治療を含む咬合再構成
費用 4,000,000円
通院回数 1年7か月

治療詳細

  • 初診時のレントゲン写真
  • インプラント治療
  • 矯正治療
  • プロビジョナル レストレーション
  • ファイナル レストレーション

当院からのコメント

歯がどんどん悪くなっている自覚はありながら、放置していたようです。奥歯を次々と失い、ついに前歯に負担がかかり、破折したと考えます。食べ物も軟らかいものが中心になっていました。30代と若いので、この先長い将来を考えて、咬合再構成を行うことにしました。できるだけ早く噛めるようにと、下顎のインプラントから行いました。治療期間が長くなる場合は治療の順番も大切になります。右上に埋伏していた第2大臼歯は矯正治療の際にボタンをつけ引っ張り出しました。これでインプラント1本分節約になります。最後はセラミッククラウンにて歯に接着するよう装着しまいた。機能的審美的に回復できました。3か月に1度のメインテナンスに通っていただいています。

ページトップへ